債権回収

ファクタリングとは

ファクタリング業務とは、企業が保有する売掛債権の買い取りや債権の管理・回収、買い取りに伴う融
資や記帳事務代行、といった企業のニーズに対応したサービスを指します。米国で発達した中小企業金
融に該当し、その起源は古代バビロニアの承認に遡ると言われています。

主な経済的機能は以下のようになります。

  • 企業の売掛債権の買い取り(金融機能)
  • 売り主に代わって債権を回収する
  • 買い取った売掛債権が回収不能になったとしても、売り主に償還請求しない

買い取りをした売掛債権が回収不能に陥ったても、売り主に償還請求をしないことを「貸し倒れリスク
負担機能」と呼称しますが、このようにファクターがクライアントに対して償還請求権を放棄して、自
ら貸し倒れリスクを負担する場合の他、ファクターがクライアントに対して償還請求権を留保し、売掛
債権を買い取るケースとがあります。

自ら貸し倒れリスクを負担するケースを狭義のファクタリングと呼称され、償還請求権を留保して売掛
債権を買い取るケースを広義のファクタリングと呼称されます。

0

米国のファクタリング会社の場合

米国のファクタリング会社の場合は、狭義のファクタリング業務の他に、クライアントに代わって売
掛金帳簿を作成するブックキーピングや輸出入の手続き代行業務、更には金融と在庫管理を主とする
計上資料作成、マーケティングといったサービス内容は多岐にわたります。

0

国内のファクタリング会社

国内のファクタリング会社では、銀行が中小企業向け金融の一環としてファクタリングに着目し、1
970年代に参入をしました。国内最初のファクタリング会社は1971年に設立された石川島ファ
クタリング(株)といわれています。

銀行系のファクタリング会社としては、1975年に三井銀行系の日本ファクター(株)が設立されたの
を皮切りに、1977年には第一勧銀ファクタリング、1977年には三菱銀行系のダイヤモンドファ
クターなどが設立されています。

当サイト利用について